広島市内の沿岸には、至る所に『牡蠣ひび』と呼ばれる、
種付けをされた養殖牡蠣を吊るす木製の棚が、設置されています。
干満差の激しい海岸線で、牡蠣の赤ちゃんが育っています。