ふと沖に目をやると、違和感のある人影発見。
よ〜く見ると、サーフボード系の板に立ち、ライトタックル装備の釣り人でした。
ゆっくりとオールでかきながら、自由気ままに海上を移動。
ずいぶん沖へ行ってしまい、停泊の大型タンカーとのシルエットが幻想的っス♪