マアジの口部分が膜状の薄さだということが、口を持って広げると良く分かる。
この大きく広がって伸びる口で、エサを吸い込みながら食いつくのね〜