カテゴリー「釣果の思い出」の2件の記事

2009年9月 1日 (火)

ウズウズしてくる季節

月曜の広島市はお天気が良く、
爽やかな気候でした

日差しはまだまだ強くて暑いけど、昼間の空気にも少しずつ
秋風味が加わってる気がするよ


毎年この季節になると、タチウオが気になってくるぅ〜


イワシやアジを追い、護岸や港に寄ってくるからね

陸っぱりでも、指4〜5本で脂の乗った旬のタチウオが釣れるんだ〜

タチウオを釣ったことがある方なら分かるはず

釣り揚げた時、メタリックな全身がキラキラと光を反射し、
透けた長い背ビレがうねってる姿がホント美しい

他の魚では味わえない手応え&光景は
1度体験するとクセになるよね〜

私はウキ釣り派なので、
合わせのタイミングを探るあの時間が好き

タチウオがフッとエサをくわえ、
スーッと動きだした電気ウキの様子をしばらく眺めて。

急にググッと海中に引き込まれていくウキの光を確認し、
ガッと竿をあおって合わせたあの瞬間の重い手応え

思わず『よっしゃー!乗ったーっ!』と
叫びたくなるくらい嬉しい瞬間ですな

抵抗してグイングイン引っ張るタチウオと
駆け引きしながら寄せるあの面白さ

長くてパワーのある獰猛な魚だから、
デカくなるほど手応えが倍増するしね


思い出すだけでも興奮しちゃうわ〜っ


倉橋島やその東側にある蒲刈島では、毎年釣れ出す時期が早く、
もうすでにタチウオが釣れててね


情報を見るたびにウズウズ…


ただ…どの魚でも同じだけど、
タチウオも潮と時合いがピッタリ合わないと全く釣れんからね〜

ちゃんと情報収集して、釣れてる時に
釣れてる場所へ行かないといけんのですわ〜


そんなタチウオ釣りを一番最初にした場所……


今でもそこを通る度、頭の中で
無数のタチウオが泳ぎ回るほど思い出深い


もう16年は経つでしょうか…

季節的には秋終盤〜冬の寒さが入りだす頃だった

友達と釣りバカ釣行まっしぐらの時期に、呉市の某所でタチウオ爆釣の情報が…

それを確かめるため、遅い仕事終わり後、現場へ偵察ドライブ

広島市内から渋滞無しなら30分かな

目的地は呉市にある海上自衛隊の港

現在は『アレイからすこじま』って名称ですわ

近所には戦艦大和関連の展示がある
『大和ミュージアム』もあり、呉市の人気スポットです

島などに行く時は必ず通る
釣りバカさんには見慣れた道沿いの風景…

↓車からでも潜水艦や護衛艦が見えます

Imgp1033

ビックリするほど近い場所に、いつも何隻もの潜水艦が停泊してるよ

Imgp1035

こういうのが好きな方には、たまらん場所でしょうな

この潜水艦や護衛艦が停泊してるとこへ
通り道からポンポンと電気ウキ仕掛けを振り込むんですわ

Imgp1038

遠投すればすぐ当たりそうな距離に停泊してるからね〜
あの頃、怒られんのが不思議なくらいだった…

今でもそこで釣りして怒られんのかは不明だけどね


その当時は、沢山の活気ある釣り人がズラリ並んでて、
無数の赤い電気ウキが浮いてた

とにかく目の前で、
1m前後の身が厚いタチウオが、どんどん釣れる釣れる

近投でも遠投でもとにかくいつも誰かが揚げてた状態

初めてみる釣り揚げられた美しいタチウオは、
ホントにキレイだったよ

興奮を抑えられず、テキトーに買い揃えてった仕掛けを準備して投入


周りの人を観察してるうち、
自分達の仕掛けもググッと引き込まれて

旬のタチウオのパワフルな引きにビビりながらも、
鼻息荒く釣り揚げた記憶が


その年は前例がないくらいにタチウオのアタリ年


と言う事は、小イワシ(カタクチイワシ)のアタリ年ってこと

足元にはタチウオに追い込まれ、超巨大で真っ黒なイワシボールが
無数に渦巻いてたのも、衝撃光景だったな〜

道路沿いで、足場が良くて灯りもあって
えっこんな場所でこんな立派なタチウオが釣れるなんて
夢みたい〜なんてね

その年はとにかく行けるだけ行って、
タチウオを釣りまくり、脂の乗った美味しさを堪能

新鮮で身が厚いから、お刺身にもしたりしでね〜
釣り人の特権をかみしめたもんです


それからタチウオにハマり、時期が近づくとソワソワウズウズ…


アタリ年とハズレ年を不規則に繰り返すタチウオだけどね〜

また今年も懲りずに、各地のタチウオ情報を収集しはじめた
今日この頃です…………

| | コメント (0)

2009年5月19日 (火)

釣りに行けない時

ふと釣れた時の事を思い出しませんか?

目を閉じれば………
あの時の感覚や空気感までよみがえりますね〜(o^∀^o)


私が最近思い出すのは、ちょうど1ヶ月前のマゴチたち


ワームではメバルを始めカサゴ、アジ、ハゼ、ベラ、ちびっこマゴチやヒラメなど
今まで色々釣れた事あります………小魚系ですけど

タモの準備をしてなかった為、2lbのメバルラインでは
3mを抜き上げられずに、バラしたチヌもいました


でも、ハードルアーで釣った事がなかった時のこと。


場所は島根県の某所。広島から日本海側へ、1時間半前後で行け、
瀬戸内海とは違う、サラサラの粒子の細かい砂浜が魅力なんです♪


とても気候のよい晴天でした

メバル用以外のプラグは、定番カラーのレッドヘッドの
リップレスミノー10cm1本だけ。

こんなんで釣れるんかいな…と、半信半疑で何回か遠投ただ巻き。

まだワームの方が釣れる気がするよなぁ〜…替えよかな〜
なんて思いながらグリグリ…


…………………ガツッ!


うひゃ〜っ来た来た

キレイな砂浜にずり上げたのは、40cmマゴチ〜↓
09magochi01

ツブ拾いする連れに、記念撮影を頼んでご満悦♪(* ̄▽ ̄*)


その後数投し、ウヒャヒャ〜ないい気分で、磯あそびに切り替えた。


憧れのデカマゴチを、しかもハードルアーで釣ると言う夢が叶い
これ以上の贅沢はないと、大満足してたんですけどね

あまりにも早く釣れたので、最後にあと10分釣って帰る事に


何投かしたら、ガツッガツッ…ジーーーッ


わ!さっきよりスゴい!!!

グングン突っ込む様な重量感ある走りで、沖に向かう……………


良型ヒラメだったりして!? また夢が叶う?!

6lbのPEに、フロロ1.2号のリーダー。
ほどけるなよーノット!切れるなリーダー!

ドラグがジージー鳴る中、慎重にやり取りして、
ずり上げたのは50cmマゴチでした( ´艸`)プププ
09magochi02

実はこの日は、私の誕生日♪


いつも仕事を頑張ってる私に、海の神様が2匹のデカマゴチを、
プレゼントしてくれたのかな♪な〜んて思った、
釣りバカにとって、サイコーの誕生日でした♪


今もその手応えを思い出しては、ニヤニヤします(*^皿^*)


その1週間後、今度はヒラメ〜♪と、調子に乗って再度訪れたけど、
そう簡単にいかんのが、釣りですよね〜

釣果はちびっこマゴチ×1。

しかも初デカマゴチ×2記念のレッドヘッドを、果敢に攻め過ぎロスト……


やっぱりあの日は、誕生日プレゼントだったのね〜

あははははは(//∀//)ゞ

| | コメント (0)