« 好調ワームで、実は……の話。 | トップページ | 我慢できずに…… »

2015年2月 9日 (月)

ワーム配球論。

相変わらず、寒さが身に染みますなjapanesetea


 
 
前回記事で、次回は【活メバル】と【活アジ】について……と書きましたが。


 
 
記事を書くにあたり、ふと疑問に思ったことが2〜3点。

マルキユーの担当者さんに、教えていただこうとしたら、
ちょうど大阪のフィシングショー期間中sweat02

そちらが落ち着いてからじゃないと、いけませぬから。
【活メバル】と【活アジ】の記事は、回答を待ってからということに。

楽しみにされてた方々〜!しばしお待ちを(人>< ;)スミマセヌ…


 
 
と言うことで、今回は、メバリング時のワーム投入についてのお話でも。


 
 
メバリングに限らず、ルアー釣り時には、
『ルアーローテーション』や『カラーローテーション』が基本。

1つのエリアで、同タイプ、同カラーのワームで、
釣果を出し続けるのは、なかなか難しいsweat02


 
 
魚もかしこいから〜(; ・`д・´)  

良型メバルに、駆け引きで負けた時なんかは、
『相手の方が一枚上手sweat02』と思うこともあるっス (^-^;


 
 
当然、私もいろんなタイプ&カラーのワームを、
目の前の海・月の状況だったり、自分の直感や気分に合わせて選び、
投入していく訳ですが。


 
 
私の場合は、『野球のピッチャー』気分でやっとりますbaseball


 
 
広島生まれで広島育ち、物心ついた時から広島東洋カープが大好きなもんで。
試合も、ガッツリ観るんスけど( ´艸`)プププ

ピッチャーの配球を読みつつ、試合展開を予想するのがまた醍醐味で♪


 
 
そんな感覚が、ロッドを振り込む時に重なり…………

とりわけ『マエケン』になったつもりで、海に向かうっス (←本気) (´,_ゝ`)プッ


 
 
ただ、野球はヒットを打たれないようにするけど、釣りは逆。
『打たせる=ヒットさせる』のが、ピッチャーの腕の見せ所(´,_ゝ`)プッ


 
 
で、投げる球種=ワームを選ぶbaseball

直球、カーブ、スライダー、スプリット、フォーク…………


どんなに速くてスゴい球を投げても、そればっかりじゃ〜
やがて相手の目も慣れてくるので。

相手に読まれぬよう、いろんな球種を織りまぜて、相手と勝負good


 
 
さすがに、釣行中の独り言は言わんけどsweat02
『よし!ここで変化球』とか『あ〜sweat02ここでコレじゃなかったか…』とか、
心の中で、メバルへの配球について終始つぶやいとる( ̄▽ ̄;)


 
 
おっと〜sweat02sweat02sweat02

実際は、ジグヘッドの種類や重さ、キャロ等々も加わるが。

特に、野球に興味が無い方にとっては、
例えれば例えるほど、分かりにくくなりそうなので(;´▽`A``


 
 
今回は、ワームに焦点を絞りまして。

『メーカーや人気にこだわらず、あらゆるタイプの気になるワーム等を、
実験感覚で使用するのが好き』な自分が、
持ってるワームの中から、よく使う&実績のあるモノをチョイス。

あくまで私の感覚的に、ざっくり分けると。 (今回は、各メーカー、商品名は割愛)


 
baseball 直球系↓ 

150209blog_img01
ストレート系ワームが主。
手堅くヒットさせたい時など、ヒット率も安定してるんで、投入回数も多い。


 
baseball 変化球系↓

150209blog_img03
シャッド系など、テールに特徴のあるワームが主。
少しアピールしたい時に、アクセントで時々投入。


 
baseball 変化の大きい変化球・見せ球系↓

150209blog_img02
カタチ的に、変わり種系のワーム。 手前2本や奥のいくつかは、バケ。
ストレート系を多投した後、ちょっと反応が少なくなって来た時に、
ワンポイントでたまに投入。
どれも意外と釣れるし、これらで釣れるとさらに楽しい♪


 
baseball 打たせて捕れる直球系↓

150209blog_img04
ストレート系の中でも、ラウンドテールタイプのワーム。
リトリーブ中の微妙なアクションにも、細くてしなやかに動くテールが効く。

【エコギアアクア 活メバル シラス2"】も、このフォルム。


 
 
そして。


 
 
baseball 『ど真ん中のド直球』として投入するのが、【汁系・汁物ワーム】↓

150209blog_img05
味やエキスが染み込み、液体をまとったワームで、
【バークレイ ガルプ!シリーズ】や【エコギアアクアシリーズ】、
【パワーイソメ】など。

ホームランやヒット率が高くなることもあり、決め球感覚だったり。

激渋の時、メバルのやる気スイッチを押したくて、
汁効果利用の『撒き餌感覚』で、ワンポイント投入もある。


 
 
でも、実は………… メバリングを始めた初期の頃は…………


 
 
『【汁系・汁物ワーム】なんて、エサと同じじゃん。』とか、
思っちゃったりして(;´▽`A``


 
 
【ガルプ!】の存在を知ってからも、2年以上は買わなかったっス… (;¬∀¬)

買ってからタックルバッグへ入れても、半年くらいは使わなかったっス。

使い始めても、4時間の釣行で2〜3投するのも、ためらってたっス(。・x・。)


 
 
……………………が、しかし。

不規則な仕事ゆえ、釣りたい日時&場所を選べずsweat02
夜釣りで単独釣行となれば、場所選びも大変( ;゚³゚)


数少ない釣行チャンスに、メバルの居場所を早めに特定したり、
長居がし辛い新規ポイントで、サクッと調査して帰りたい………

そんな思いが積み重なり、少しずつ使い始めてσ(●・Θ・●)


 
 
…………そんな私のメバリング人生が、約10年を経た、今。


 
 
【汁系・汁物ワーム】を使うことへの、ためらいは無くなりました〜( ´艸`)プププ


 
 
確かに、ニオイや味がある分、生エサが有利かもしれん。

でも、だから『エサの方が絶対に良く釣れる』ではないかな〜と。


 
 
なので、エサと同じじゃんと思ってた【汁系・汁物ワーム】も、そう。

ニオイや味があり、その効果も広がりやすいので、
バイトが増えるメリットはあれど。

その分、一帯のサカナたちが、その効果に慣れてしまうデメリットもdanger


 
 
実際、【汁系・汁物ワーム】で反応がなくなり、
他ワームを投入したら良く釣れた…ってのもよくある(A;´・ω・)アセアセ


 
 
もちろん、ワーム選びは重要な1つじゃが、
ワームだけで、釣果につながる訳じゃない。

潮の流れや動きの読み、海中の環境や、ポイント選び、誘い方、
投入場所や角度、などなど………
その他いろいろなことの見極めが揃っての、釣果だな〜と。


 
 
そう実感してからは、球種の1つとしてフツーに使ってる(´・∀・`

その方が、投球・配球の幅が広がり、面白さもグン!と上がったしね♪♪♪


 
 
ちなみに、私の中でホームランに値するのは、
『直感的に選んだワーム、色、タイミングで投入し、
 1発で、その日1番のサイズが釣れた時』でございまス〜shineshineshine


 
 
ん〜と………。

なんか、まとまったのか、まとまってないのかsweat02sweat02sweat02

ビミョーな感じになったけど……(A;´・ω・)アセアセ


 
 
そんな、私の『ワーム配球論』でしたとさ〜 |x・`)チラッ…チラッ


 

|
|

« 好調ワームで、実は……の話。 | トップページ | 我慢できずに…… »

タックル〈リグ編〉」カテゴリの記事

コメント

(✪‿✪)いしぽんさんこんちは

おれっちなんてそこまでローテーションできませぬぅ~いしぽんさんはエライ!がんばらはったさかいに(^ω^)
汁物はなぜ臭いのか。。。疑問を持ったことがあります。
活きたベイトなどは実質生臭い匂いなのになぜあそこまで臭いを出すのか?
チヌ系は特にイカ臭のような(´Д`;)濡れテッシュ持参でないとヤバスなのです。
(^^ゞ話がそれました。
実質新しい汁物ワームには即飛びついてしまうのはお魚もメバラーも一緒ということでおますヾ(*ゝω・*)ノ

投稿: 美山くん | 2015年2月 9日 (月) 10時33分

Re:美山さん
いえいえ〜 全然頑張ってやってる感はないんスよ〜
いろいろ試すと、面白い結果が出たりもするんで、楽しくてやっとります♪
ニオイについては、次回やその次の記事でふれようと思いまっス( ^ω^ )

投稿: いしぽん☆彡 | 2015年2月 9日 (月) 20時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 好調ワームで、実は……の話。 | トップページ | 我慢できずに…… »