« 2014年6月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年7月の1件の記事

2014年7月16日 (水)

赤い鯉と、メバル。

いや〜sweat02sweat02sweat02

あいかわらず、前回記事に書いた通り、生まれも育ちも広島県人なので。
赤の軍団 広島東洋カープbaseballに、一喜一憂の日々でございます(;´Д`A


 
 
実は、試合のない日に、1回釣行fishしとるものの………

ブログ記事を書くタイミングを逸したまま、現在に至る (;¬∀¬)ハハハ…


 
 
そんな中、昨晩…というか、本日の日付をまたいだ時点の満潮を狙い、
近場へ、サクッと梅雨メバル探しに行って参りましたので〜(*`・ω・´)ノ 

順番が前後しちゃうけど、今回はソチラを。


 
 
現在、私の中で、釣りfishと優先権をせめぎあう、
そのカープbaseballの試合終了時間が、おとといは0時で、昨日は23時頃sweat02


昨夜は、テレビ中継の放送時間内に終わらぬ部分を、
車中のラジオで聞きつつ、近場ポイントへ向かうために出発。


 
 
あいかわらず投手陣ボロボロで、この時点で【10対2】の大敗 ((|||유∀유))ハハッ


 
 
『もう今日は腹を据え、ボロボロの投手陣のお勉強の日と考えて、
ダメなりに投げ切ってもらって経験とし、このまま終わるも仕方ないわ〜』

と思いつつ、家を出たが……………


 
 
出発早々から、野手陣がコツコツとつなぎ…………

8回ウラに、4点追加で【10対6】 ( ゚д゚)ホゥ………


 
 
9回ウラ
先頭の菊丸コンビがヒット2本で、ノーアウト1塁3塁に ( ゚д゚;)オ………


 
 
エルドレッド三振で1アウト。(; ̄^ ̄)ん~まぁな〜……


 
 
キラ、ライト前へタイムリーヒットで【10対7】 (; ・`д・´) え……sign02


 
梵がセーフティバント成功で、満塁に (; ・`д・´) マジかsign02


 
  
1アウト満塁なので、もしかしたら………


 
 
当然、相手DeNAベイスターズは、ピッチャー交代するわけでbaseball


 
 
しかーーーーーも!!!

私は、その試合真っただ中の、マツダzoom-zoomスタジアム付近……up


 
 
思わず、グイッと左折して〜の、直進rvcar

まさに、そのスタジアムが目の前♪♪♪

信号待ちでパチリ↓したら、交代したピッチャーの準備完了……(; ・`д・´)

140716blog_img01


 
 
もちろん、周辺で停車なんかできんけど (^-^;

すぐそばを通過しつつの車中より、
タダ見エリアの一画から、球場内を垣間見ることはできるし、
窓を開ければ、球場の音も丸聞こえなもんで。

やっぱり通っちゃうよねぇ〜ヾ(*゚Θ゚*)ノ


 
 
ルーキー田中君が打席に立ち、信号が青になり直進………

車の窓を開け…………


 
 
ちょうどスタジアム正面へ、車で到達と同時に、

カキーン!!! (ラジオ : 打ったーーーーーーーっっっ!!!!!) 


 
ワー!!!ワー!!!の大歓声が、聞こえるearear

(ラジオ : あーーーーーーーっ!!!セカンドゴロ ダブルプレー!!!試合終了!)


 
 
(/Д`;ァチャ―― そのまま【10対7】で、負けたけどね。


 
 
そのままゆっくり通過し、球場内を垣間見たらeye

23時の最後まで見届けたお客さんたちの、拍手が聞こえてpaperpaper


 
 
いろいろなことが盛りだくさんの、2試合じゃったが(^д^;)
最後の最後まで両軍の選手があきらめず、ハラハラドキドキさせてくれ……

確かに、私も思わず拍手したい気分だったので。

スタジアムの拍手を聞けて、ちょっとほっこりしたっス〜 ( ^-^)


 

両チームの選手たちや関係者方々、最後まで見届けたお客さんたち、
その後、残って球場整備をしてくださってるグラウンドキーパーさんたち〜!

みなさん、ありがとう!おつかれさまでした!!!(^-^人)


 
 
で、ちょっと気持ちが軽くなって、近場ポイントへ向かったんスがrvcar


 
 
到着した頃は、満潮潮止まり直前sweat02

2カ所ほど、それぞれ小1時間探ったものの………
今回も、梅雨メバルの居場所を、探し当てることはできず(A;´・ω・)アセアセ


 
ちびっこメバル×2匹↓と、ギリギリでボウズ逃れ………

140716blog_img02

140716blog_img03


 
 
どしゃぶりの雨が多かったり、例年通りの気象ともいかず。

私は、梅雨メバルを見失ったまま、梅雨明けを迎えそうでありまス………

(;´д`)トホホ…

 

| | コメント (3)
|

« 2014年6月 | トップページ | 2014年10月 »